文科大臣賞 根上さん 毎日新聞

毎日新聞 平成30年 1月24日(水)

「受賞は自信、活力に」

国際協力のための高校生主張コンクール

文部科学大臣賞 根上さん 知事に報告

 

昨年10月に東京都であった「第64回国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール」(外務省など主催)で、外務大臣賞などと並ぶ特賞の「文部科学大臣賞」をうけた静岡サレジオ高校2年の根上葵さん 富士宮市 が、川勝平太知事に快挙を報告し、「受賞は自信につながり、これからの活動の活力となった」と喜びを語った。

根上さんは高校1年だった2016年夏、高校のボランティア研修でフィリピンのネグロス島などを訪れた。

その際、現地の子どもたちの姿を見て、貧困の現実を実感した。帰国後は日本に住む外国人のために何かできないかと考え、日本語が苦手な外国人のために焼津市で開かれている学習支援ボランティアに参加した。

コンクールでは、フィリピンや焼津でのボランティア体験を元に、貧困の連鎖を断ち切るために教育が重要だということや、地域が主体となって支援活動をしていくことが大切だということをスピーチにこめた。

特賞受賞者は3月、ニューヨークを訪れ、国連本部などを視察する。根上さんは「教育問題について世界で活躍する人たちに聞いてみたい」と期待に胸を膨らませる。川勝知事は「初志貫徹して良い青春を送ってほしい」と激励した。

松岡 大地