静岡サレジオICT機器利用 7か条 (関係者は必ず守りましょう)

1.利用にあたって

 

①校内のコンピュータ・タブレットは、授業、e-learning、調べ学習等の学習活動にのみ

 

利用できます。

 

②利用できる時間帯は、授業中及び放課後の指導教員が立ち会い可能な時間帯です。

 

③授業時以外の利用時には、「ICT機器利用記録簿」の所定欄にクラス・氏名等の必要事

 

項を記入してください。(サレジオメソッド時:e-learningを含む)

 

④e-learning(スタディサプリ)を行うときには、イヤホンを持参し、他人の迷惑になら

 

ないように静かに学習しましょう。

 

⑤個人パソコンやメモリ等の持ち込みは禁止します。(コンピュータウィルス等侵入防止のため)

 

⑥校内で、e-learning(スタディサプリ)を視聴できるのは、学校のICT機器のみとし

ます。(通学途中や校内でのスマートフォンを利用しての視聴は許可しません)

 

2.みんなで使う共用の機器であることを考え、大切に扱おう。

 

①機器の扱いはていねいに行いましょう。

 

精密機器であるので、キーボードを強くたたく、ディスプレイを先のとがったペンで操

 

作する、マウスを乱暴に扱うなどの行為はやめましょう。

 

②壁紙などの設定は変更しないでください。

 

③落書きや機材などの持ち出し、教室内への飲食物の持ち込み及び飲食は禁止です。

④重大なミスによって機器を破損した場合には、弁償してもらうこともあります。

 

3.アカウント管理は慎重に!

 

①アカウントは、コンピュータ室パソコン・chromebookの操作、スタディサプリ視聴共

 

通のものになるので、アカウントを忘れると、操作ができなくなります。

 

アカウント通知書は生徒手帳等の中に入れて毎日携帯してください。

 

②ユーザ名・パスワードは変更できません。管理をきちんとし、他人には絶対に教えない

 

でください。

 

③ICT機器利用後は、必ずログアウトをして、電源を切ってください。

 

④何らかの形で知り得た他人のアカウントではログインしてはいけません。

(不正アクセス禁止法違反で処罰の対象になります)

 

4.アプリはTPOをわきまえて

 

①利用できるアプリはパソコン・タブレットに入っているアプリのみとします。また、学

 

習に関係するアプリ以外は操作しないでください。(開いて見るだけでもいけない)

②インターネット上から勝手にダウンロードしてはいけません。

 

5.インターネット利用で大切なものはネチケット

 

①授業や学習活動時のみ利用できます。学習に関係するサイト以外は閲覧しないようにし、特に次の行為は絶対にやめましょう。

 

・著作権を侵害することや他人の財産やプライバシーを侵害する行為

 

・個人的な情報や他人が不快と感じる内容をインターネット上で発信する行為

 

・他人を脅迫、中傷したり、いじめにつながるような行為

 

・有害情報を含んだサイトや有料サービスを利用する行為

 

・犯罪行為や犯罪行為に結びつくような情報の送受信を行う行為(チェーンメールも含む)

・物品や情報の売買を行うこと  ・間違えた情報を流すこと

 

6.メール利用は相手のことをよく考えて

 

①文字だけのコミュニケーションツールであることをよく考え、誤解を招くような文章に

 

ならないように気をつけましょう。

②添付ファイルの送信は禁止します。

 

7.便利なICT機器を正しく使おう

 

①ICT機器は、決まり・マナーを守り、正しく使えば非常に便利なものですが、間違え

 

た使い方をすれば自分だけでなく、家庭や学校、他人に対して迷惑をかけることになり

 

ます。みんなが快適に使用できるよう心掛けましょう。

 

②使用規程に違反した場合について関係機関に報告・相談する等の必要な指導措置を取る

 

ことがあります。また、第三者との争いごとは、個人の責任において解決しなければな

らないので、自分の行動に責任を持って利用しましょう。