12月22日 中高クリスマス会

今回の中高クリスマス会は、「We are family!」という年間目標を、“つながる歴史”という視点で見つめました。私たちはどこから来て、どこにいて、どこに向かっているのでしょうか。

第一部では、現在の私たちが家族の歴史、世界の歴史とどうつながっているのかを思い起こし、代表生徒および修道院長である中澤シスターの作文朗読に耳を傾けました。そして永井隆さんの生き方を描いた「1945年のクリスマス」というサレジオ同好会の演劇を鑑賞した後、ろうそくの光の中で祈りのひと時をもちました。

第二部では、吹奏楽部や音楽部、そしてダンス部が自慢のパフォーマンスを披露し、3人の先生サンタも登場する楽しい雰囲気の中で、クリスマスの喜びを分かち合いました。

メリークリスマス!そしてよい新年をお迎えください。