サレジオ式総合学習 秋のテーマ学習 第2回

 サレジオ式総合学習・秋のテーマ学習の第2回目は、実際に薬害を体験された浅倉美津子様による講演会でした。生徒たちは小冊子『いのち』~子どもたちを薬害の被害者にも加害者にもしないために~を事前に読んで、講演を聞きました。第二子の出産後から始まった身体の不調、急性肝炎発症後の家庭状況の変化、それから10年以上経過してテレビで知った“人災”であるC型肝炎の可能性、病院に真実を問うことへの葛藤、提訴と判決、そして和解までの道のり…、心がギュッと締めつけられるような浅倉様の一言一句を生徒たちはしっかりメモし、心に刻んでいる様子でした。最後に代表生徒より感謝のご挨拶を申し上げ、第2回目の学習が終了しました。