クリスマス会

12月9日(土)、サレジオ幼稚園ではクリスマス会が行われました。

満三歳児クラスのつぼみ組から、年少・年中・年長組まで、それぞれの年齢に合わせたテーマやメッセージを伝え、

クリスマスをお祝いしました。

クリスマスは子ども達にとって特別な日です。サンタさんを心待ちにして、ワクワクしたりドキドキしたり…。

「サンタクロースってほんとうににいるの?」こんな問いかけがきたら、みなさんどう答えるでしょう。

今年のクリスマス会の始まりは、「サンタクロースはいるよ。」そんなメッセージから始まりました。

 

”サンタクロースはね こどもを よろこばせるのが なによりたのしみなのさ だって こどもが しあわせなときは

みんなが しあわせなときだもの  サンタクロースは ほんとうにいるよ せかいじゅう いつまでもね”

かがくのとも絵本  「サンタクロースって ほんとに いるの?」より

カトリック幼稚園にとってクリスマスは特別なお祝いです。ですから、本当のクリスマスの意味を知る、という土台は

これからもずっと大切にしていきます。 ただ、サンタクロースのように、子ども達のえがお、しあわせ…

ただそれだけを願うクリスマスも大切にしていきたい、そう思えたクリスマス会になりました。

 

みなさんにとっても、素敵なクリスマスになりますように…☆