1年生探究「生き物の観察は生命について教えてくれる」

1年生は、「生き物の観察は生命について教えてくれる」というセントラルアイディアで探究を進めています。4月から育ててきた朝顔の観察をつづけ、日々の変化に生きていることを実感できているようです。また、朝顔や花壇に集まる虫たちにも興味が広がり、チョウやバッタなどを各クラスで育てています。アゲハチョウは、幼虫からさなぎ、成虫へと変化する過程を毎日観察し、さなぎの色の変化など小さなことにも気づく目が育ってきました。今、子供たちは最後の課題に取り組んでいます。学んだことを絵に表すようです。出来上がるのが楽しみですね。