3年生探究「人と自然のかかわり方によって未来の風景はつくられる」

3年生の探究は最終段階。総括的評価課題に取り組みました。課題は、「自分たちの学びで調べた自然の生き物や植物などになりきって、人間に対してかかわり方の提案をする」というものです。それぞれ、その生き物にとって必要な環境や、それを守るために人にはどうしてほしいのかを考え、プレゼンテーションを作成しました。“なりきり”なので、みんな準備をしっかりして発表に臨みました。探究を通して、未来の環境のために、自分自身ができることを考えることができました。夏休みには、その学びを行動で実践してほしいと思います。