平成29年度 クリスマス会

今日、クリスマス会が行われました。今年は『 GIFT ~ 神さまからいただいた喜びをつなぐ ~ 』をテーマに児童たちが「クリスマス」について考え、各学年それぞれ工夫し、第1部と第2部に分かれ、自分たちなりの表現方法で発表をしました。また発表の途中では、私たちが毎週木曜日に行なってきたハッピーランチデーの献金を有度地区の方やチェルノブイリ救援物資の方々にお渡し、みんなで神さまからいただいた喜びを分かち合いました。

☆1年生☆
当たり前のようにある全ては、実は神さまのおくりものだったことに気付いた1年生。
季節を通して見たり感じたり、体験したりしたことを歌で元気よく表現しました。
 
☆2年生☆
学習や生活の中にある思いやりや優しさを、音読や歌などの表現を通して伝えて広げていきたいのが2年生たちの願いです。その最初の1歩として、みなさんに広げていきます。
 
☆3年生☆
学習の中から 絵本や歌の主題から 人との出会いから・・・ 
しあわせを伝える素晴らしさとわたしたちの責任に
ついて考えました。
 
☆5年生☆
「平和」のあり方を、自分たちでアイデアを出し合いながらまとめ、自分たちの学校生活になぞらえ、劇や紙芝居、歌などで表現しました。明日をつくるのは私たちです!! みなさんも心のとびらを開けませんか。
 
☆4年生☆
僕たち・私たちは「人は互いによりそうことができる」をテーマに学習し、国語,社会,宗教,学校行事など自分たちが興味を持った課題について、さらに深めました。そして、深める中でいろいろなかたちのよりそい方を見つけました。私たちが素晴らしいと感じた多くのよりそいをみなさんと共有したい。だから台詞も自分たちで考えました。馬小屋も、三人の博士も出てこない、私たちにしかできないクリスマスページェント。
 
 
☆6年生☆
クリスマスの本当の意味を考えたことはありますか。今日は私たちが朗読する1つの絵本を通して、本当のクリスマスについて考えてみましょう。また、私たちは全校児童で取り組んでいる星の子活動についても改めて考えてみました。すると、今まで知っているようで知らなかったことが見えてきました。私たちは家族,友達だけでなく、地域の人,世界の人とも繋がっているということに・・・