平成28年度 6年生オーストラリア修学旅行 活動報告 Ⅲ

10月26()

「Kids Fair」&「Sayona Party」

 学校生活最終日の今日、Kids Fair Sayonara Partyを行ないました。 Kids Fairでは、セントメアリー小学校全校児童を招いて、ふくわらい,ヨーヨー,折り紙,習字などたくさんの日本文化のブースを設け、子ども達が紹介しながら体験してもらいました。セントメアリーの児童たちが、たくさんのブースに来てくれたので大忙しで、準備が間に合わなかったりして大変そうでしたが、セントメアリーの児童たちの楽しんでいる姿に本校の子ども達も嬉しそうな顔をして、一緒になってやっていました。 Kids Fairが終わると疲れた様子でしたが、とても満足そうな顔をしていました。

 夜はホストファミリーを招待してSayonara Partyを行ないました。今までの感謝の気持ちを込めて、富士山の合奏,はっぴを着ての南中ソーラン節,Try Everythingの歌を披露し、プレゼントを渡しました。ホストファミリーたちは自分の子どものようにプレゼントを貰うと抱きしめてくれました。その後、セントメアリー小学校校長から一人ひとりに修了証が授与されました。

 ホストファミリーと過ごす最後の夜。 今夜はホストファミリーたちと楽しい一時を過ごしてほしいです。

10月27()

「Thank you very much!!」

 今日はバーンズデールを出発する日。 朝、学校に元気よく集合した子ども達。 しかし、お別れが近づくにつれて子ども達の顔には涙が溢れていました。離れる寂しさ,優しく接してくれたこと・温かく受け入れてくれたことへの感謝、子ども達一人ひとりの想いをホストファミリー達が抱きしめてくれていました。そして、ホストファミリーたちもまた子ども達の想いに応えて下さり涙を流していました。 私たちはその姿に子ども達の成長を感じたと共に、ホストファミリー達の温かさを痛感しました。

 その後、子ども達は空港のあるメルボルンに移動し、コアラパークを見学しました。そして、成田国際空港に向けて、メルボルン空港を後にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 9日間という短い期間でしたが、子ども達はとても逞しく感じました。それはきっとオーストラリアの雄大な自然と文化、そして多くの人の優しさ・温かさに触れることができたからではないかと思います。ホームスティを通して、貴重な体験・経験ができたオーストラリア修学旅行となりました。