平成22年度 星の子活動

第1回 1年生歓迎会

今日は1年生歓迎会を行いました。星の子活動は、宗教で学んだことを全校縦割りグループで実践する場です。2~6年生はこの日のために準備をし、1年生が仲間入りするのを楽しみに待っていました。

まず、マリアンホールに集まり、○×クイズを行いました。1年生がどのくらい学校のことを知っているかを問題にしたクイズに○×で答えました。

次に、全校児童によるプレゼントの贈呈をしました。1年生が星王子様とお姫様に変~身!!男の子は、冠・ズボン・ベルト・マント 女の子は、ティアラ・ドレス・ペンダント・星のスティック・ベールを着せてもらったりかぶせてもらったり…。それぞれに2~6年生が絵を描いたものやビーズやモール、折り紙などをはったものなど、きれいに飾ってくれてもらいました。

2~6年生は、自分たちが作ったものをちゃんと着ているかな…とちょっぴり心配そうな顔をしてました。でも1年生がとてもかわいく変身でき、喜んでくれているのを見て、自分たちまで嬉しくなりました。

星の王子様とお姫様はたくさんの家来たち(?)をお供に教室へ移動しました。そして小さなグループに分かれて楽しくゲームをしました。ゲームの後は、みんなでおにぎり弁当を食べました。みんなで食べるおにぎりは、とても美味しかったです。

1年生もすっかり星の子グループのメンバーになりました。校長先生は、「今日は1年生のみなさんが主役ですが、この学校で一番偉いのは6年生です。6年生になったら、自分を低くして人のために尽くせる人になって下さい。」と話されました。これからみんなで助け合い励ましあって成長していきましょう。

第2回 夏のおたより ~手作りうちわ~

今日は日頃、私たちがお世話になっている地域の方々へ「ありがとう」の感謝の気持ちを伝える為、手作りのうちわを作りました。

6年生が企画し、班のメンバー全員でカレンダー作りが出来るよう、5年生と一緒に準備してきました。

1・2年生はお兄さん,お姉さんの話をよく聞き、作業していました。また、3・4年生は自分たちから進んで作業をし、「これやってもいいですか?」「次は何をしますか」等、積極的に活動に取り組んでいました。

どの班も地域の方々の喜ぶ顔を思い描きながら、心を込めて活動に取り組むことができ、素敵なうちわを作ることが出来ました。

第3回 星の子親睦会

今日はいつもの活動とは違い、体を動かしながらみんなで親睦を深めました。

まず始めに『班対抗 順送球』を行ないました。リーダーを中心に班で並び順を決めて行ないました。「早く、早く」、「こっち、こっち」児童たちも先生たちも、みんなで声を掛け合っていました。

次は大きなグループで協力して、『綱引き』を行ないました。みんな力いっぱい綱を引いたり,一生懸命応援しました。

最後は全校児童での『じゃんけん列車』を行ないました。最初は小さかった列車たちがどんどん繋がり、最後は運動場いっぱいの大きな 大きな列車が出来ました。

活動後、グループや班の仲間たちと楽しそうに話をしている顔はとても清々しい顔をしていていました。

第4回 冬のおたより ~クリスマスカード~

今日は地域の方々に感謝の気持ちを込めて、クリスマスカード作りをしました。

「地域の方々への感謝,共にクリスマスを迎える喜びを分かち合おう」という気持ちを込めて、活動に取り組みました。

高学年の児童たちは、今日の活動が上手く出来るようにと先週から分担を決め、パーツ作り等の準備をしてきました。そのおかげでスムーズに活動する事が出来ました。

下級生の児童たちもリ-ダ-の話をよく聞き、心を込めて活動に取り組んでいました。途中、1年生が困っていると3・4年生が「ここに名前を書くんだよ。」と優しく教えてあげていました。「早く届いてほしいなぁ・・・」完成したクリスマスカードを見ながら、児童たちもとても嬉しそうでした。

第5回 ドン・ボスコの集い ・ 星の子引き継ぎ式

今日はヨハネ・ボスコ(=ドン・ボスコ)の帰天した日です。世界中のドン・ボスコ スクールでは、この日を記念してお祝いの集会が開かれています。本校でも学園の創立者「聖ヨハネ・ボスコの祭日」にあたり、ドン・ボスコのように私たちも仲間たちと楽しい時間をともに過ごし、共に喜びを感じようと祝いの集いを行いました。

初めに6年生から5年生の新児童役員と星の子リ-ダ-への引き継ぎ式が行なわれました。1年間全校児童の為、班の為に活躍してきた6年生が挨拶をし、5年生に「星の子ノート」を渡しました。

  • 「みんなに支えられて、1年間頑張れました。」
  • 「大変だったけど、みんなと活動出来て、楽しかったです。」
  • 「5年生のみなさん、頑張って下さい。」

始めは緊張と不安な顔をしていた5年生でしたが、6年生の思いを受け、やる気に満ちた顔になってきました。その後、6年生からバトンタッチした5年生の司会で『ドン・ボスコの集い』が始まりました。

グル-プ対抗の大縄では6年生が1年生を、5年生が2年生を跳び方を教えてあげながら跳んでいました。またジャンケン列車ではいろんな友達とジャンケンをし、全学年で最後に1つの大きな輪を作りました。集いの最後は、全校生で「ドンボスコの輪」を隣の人と手を打ちながら歌いました。

第6回 感謝ミサ ・ 6年生お別れ会

6年生に感謝の気持ちを込めて、また1年間 仲間と共に無事に過ごせた事を感謝して「感謝ミサ」が行われました。

「ありがとうという言葉は、自分も周りの人もたくさんの人を幸せにするのですよ。」

聞き慣れている言葉ですが、ボブ神父様から「ありがとう」という魔法の言葉の話を聞き、子ども達は目を輝かせながら聞いていました。その後、魔法の言葉「ありがとう」という気持ちを込めて祈りと聖歌をお捧げました。

ミサの後、今度は星の子のグループで6年生に感謝の気持ちを胸いっぱい詰めてお別れ会を行いました。ゲームをしたり、一緒にご飯を食べたりしました。会の最後に在校生から6年生に感謝の色紙を、6年生から在校生に感謝の手紙を一人ひとりずつ贈りました。

みんなで「ありがとう」という感謝の気持ちでいっぱいになった素敵な1日になりました。