「小さな親切」作文コンクール全国表彰式


11月26日(土)、東京・霞が関ビルにて、「小さな親切」作文コンクール全国表彰式が行われ、本校7年生の吉富輝さんが出席しました。応募総数47,529編の全国審査において入選する快挙でした。以下、輝君のコメントです。
「ぼくは作文が苦手だったので、『小さな親切』作文コンクールで入選して、とても驚きました。作文の題名は『ゴミ拾い』でしたが、ゴミを拾うと運がよくなるのは本当でした。これからもこまめにゴミを拾って、いろいろな所をきれいにしていきたいです。」
おめでとう! Be ambitious!  Be Salesian!