ニューヨーク研修の様子②


 
21日(金)
ニューヨーク研修2日目
午前中は、姉妹校である Mary help of Christians Academyを訪問し、交流会を行いました。
初めての姉妹校訪問でみな緊張していましたが、学校長のSr.リズを初め姉妹校の先生生徒の温かい歓迎を受け、安心と嬉しさのうちに交流を始めることが出来ました。まず3グループに分かれて授業風景を見学しました。日本と違うスタイルに新鮮さを感じました。交流会では、私たちが準備してきた日本の紹介,ダンス,ドン・ボスコの劇,歌を披露しました。最後に「Could you dancing with us ?」と聞かれ、みんなで一緒に楽しく踊りました。私たちの発表に対して心からの関心を示して聞いて下さり、歌を披露した後はスタンディングオベーション。聴衆の気持ち一つでこれだけ素晴らしい発表になるということを感じることが出来た素晴らしい体験でした。最後に食堂でお互いに自由に会話しながらピザなどを食べ、温かな雰囲気に包まれながら本物の交流の場となりました。
午後は2つのグループに分かれて、メトロポリタン美術館とアメリカ自然史博物館の見学に行きました。2つとも広くて、大きい施設で短い時間の中で回りきることは出来ませんでしたが、本物に触れることが出来た貴重な体験となりました。その後、グランド・ゼロに行き、9・11の犠牲者の方々の為にお祈りを捧げました。
2日目を終えて、日々の英語学習の成果を確かめると共に 今の自分に何が必要なのかを感じることが出来ました。また自分の目で、時代を越えて色褪せることのない本物や記憶に触れることが出来た充実した1日となりました。