M8 校外学習 ~るくる&静岡新聞社~

718日、「静岡科学館るくる」と、「静岡新聞社・SBS静岡放送」に行ってきました。
 「るくる」なんて小学生の時に行った、と期待していなかった生徒もいましたが、中学生になって理科で学んでいることが楽しく体験できるとあって、皆、新たな面白さに気づくことができました。「わくわく科学工作体験」では“ベンハムのこま”のつくり方を教わり、目の錯覚の不思議さを実感できました。生徒たちは、視神経の伝達や脳の働き、光と色の認識、色の三原色などに大いに興味を持ったようです。
 新聞社では新聞ができるまでの過程を学び、ものすごい速さで夕刊が次々に印刷、出荷されていく様子を見学できました。毎日大量の紙やインクを使いながらも、リサイクルや環境への取り組みについて知ることもできました。テレビ局のスタジオでは見覚えのある“みなスポ”などのセットを間近に見せていただき、普段見られない舞台裏やカメラの動きなどを知りました。B組は短い時間でしたが、ラジオ局の生放送に飛び入り参加。自分たちの声が電波に乗るという貴重な体験に大興奮でした。教室では得られないさまざまな体験を通して、身をもって学ぶことの大切さを感じた一日でした