キッズアート準備でのAgency

明日から、プライマリーステージの作品展“キッズアート・サレジオ”が始まります。

子供たちの力作が展示されていますので、楽しみにしていてください。

 

1年生の探究「感覚と技術を使って、自分を表現することができる」は、How  we express ourselvesのテーマの探究です。作品や運動、遊びを通して感覚と技術を使って表現が広がることを確かめていますが、展示の仕方についても主体的に考える子供たちの姿が見られました。

 

話し合いながら、協力しながら、作品をよりよく伝えようと、絵の周りを装飾していました。作品の良さがより伝わってきませんか?

PYPでは、子供たちの学びに向かう主体的な行動、学びに対する責任を、Agencyという言葉で表しています。1年生も1年間のPYPの学びを経て、着実にAgencyが育っていると感じます。

各界の廊下と階段、3階の大多目的室に子供たちの作品が展示されています。

Artは重要な表現の場です。ゆっくりご覧いただけたら嬉しいです。