4年生探究 ゲストティーチャーを招いて

4年生の探究は、Sharing the planetのテーマで、『責任ある行動が持続可能な世の中を創る』というセントラルアイディアを立てて探究を進めています。トピックとしてごみの問題を扱っています。

ここまで、ごみとは何か、ごみのゆくえ、ごみの処理、資源ごみなどについて探究を進めてきました。

今日は、静岡市環境局ごみ減量推進課の方々と、スターバックスコーヒーの方々にゲストティーチャーとして授業をしていただきました。

 

プラスチックごみの現状や、静岡市のごみを減らすための取り組み、スターバックスの企業としてのごみ削減への取り組みについてなど、様々なお話をうかがうことができました。

 

スターバックスでプラスチック削減のために使われている紙製のストローやリユーサブルカップを見せていただいたり、三保の海岸の砂の中にたくさんのマイクロプラスチックがあることを確認する実験をさせていただいたりしました。

今年度は見学に行くことが難しく、資料からの読み取りを中心に探究を進めてきましたが、実際にごみの減量に取り組む行政としてのお話や提案を頂いたり、企業として環境問題に取り組む姿勢などを伺い、改めて持続可能な世の中をつくるためには私たち消費者の責任ある行動が必要であることがわかりました。

子供達は、プラスチックごみを減らす取り組みをひとつずつ決め、1週間取り組みをすることになりました。
実際に取り組んでみて、検証を行っていきます。